転職の主な理由
トップページ→転職の主な理由

転職の主な理由

転職を考えている人がどんな理由で転職活動を行ったのかを見てみたいと思います。

 ・給与に不満がある
 ・会社からの自分の評価に不満がある
 ・会社の将来に不安を感じた
 ・残業や休日出勤が多い
 ・会社での人間関係
 ・やりたい仕事や部署につけない
 ・リストラされた

以上のような理由が、転職の主な理由のようですが、その中でも、給与に対する不満や、会社からの自分に対する評価に不満があるというのが、一番多いようです。
ボーナスがちゃんとでなかったり、職務内容に対する給与が見合っていないことや、評価の基準があいまいで、モチベーションが上がらないなどの理由のようです。
評価に対する不満というのは、主にエンジニアに多いようです。


次に多いのが、会社の将来に不安を感じたという理由です。

こちらは、年代によって多少内容が異なるようです。
20代の人は、キャリアや給与など、自分の待遇などに対する不満や不安が多く、30代の人は、上司に対する不満や、会社の将来性に関する不安などの悩みが多いようです。
年代を重ねると、周りのことも気になってくるようです。

そのほか、残業や休日出勤が多いという理由もかなりあるようです。
特に多いのは、システム開発などを行っているエンジニアに多いようです。
また、残業代をちゃんと支払ってくれないという問題も多いようです。
明らかに労働基準法に反している会社というのも多いようです。
[PR] 「みんなのFX」でFX取引をはじめよう
[PR] オススメのダイビングショップはこちら!